仕事の転機となるターニングポイントとは?

ターニングポイントは40歳前後?

ターニングポイントは40歳前後?

LINEで送る
Pocket

人生の転機と年齢の関係

多くの人が20歳前半までには社会人デビューを果たします。ではそこから仕事の転機までどのぐらいあるのでしょうか。若い時は自分が歳をとることをリアルに想像できないものですが、その時は確実にそして意外と早くやってきます。人生における転機がいつ来るかは人ぞれぞれですが、仕事の転機はある程度のタイムリミットがあるのも事実。転職したいと思った時には選べるほどに仕事がなく、そこで初めて転機を逃していたことに気づいて後悔する人も多いのです。
そこで、できるだけ早いうちから意識しておきたい社会人人生のターニングポイントについて考えておきましょう。これを知っておくかどうかがこの先の人生を大きく変えるかもしれませんよ。

40歳前後によぎる「このままでいいのかな」という思い

社会人になってから10年ぐらいは、失敗や成功を繰り返しながら経験を重ねて成長していく時期です。まだ若いということもあって体力気力も十分。仕事はもちろん遊びもすべて全力投球が楽しい時かもしれませんね。しかし、30代も半ばになってくると、体力気力の衰えを少しだけ感じるようになります。そのあたりから、「人生このままでいいのだろうか」という自分自身への疑問が生じるようになることが多いものです。
実際に40歳を過ぎてくると、まだまだ遠い先のように思えた老後が、近い将来の現実としていきなり突きつけられたかのように感じられることもあります。そのため、社会人としての折り返し地点もすぐそこという時に、今の仕事のままでずっとやっていくのか、それとも思いきって次のステップに進むべきなのか、あらためて自分自身を見つめ直してみることはとても大切です。
40歳前後は長い人生で見ればまだまだ若い部類に入る年齢ですが、社会人人生で見ると大きな転機となる年齢で、その先年齢を重ねるごとに選択肢は減っていくので、このタイミングで一度自分の将来について深く考え直してみると、スッキリとした気持ちでまた前に進めるかもしれませんね。

40代に向かうまでの心構えとは

職場では責任ある仕事も任されるようになり、忙しい日々を過ごしているとあっという間に終わってしまうのが30代です。気づいたらもう40歳が目前で、その時になって慌てて1から将来を考え直すという人も少なくありませんが、それではもう間に合わないことが実はたくさんあります。後悔しない社会人人生を送るためには、転機となりそうな時期を早いうちから意識し、自分自身の成長目標を持つことが大切です。その目標を意識しながら30代前半の仕事に集中することができれば、次のステップに移る時に大きなプラスとなるでしょう。