仕事の転機にフリーランスに挑戦するなら「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスの特徴は?

レバテックフリーランスの特徴は?

LINEで送る
Pocket

レバテックフリーランス

フリーランスに興味はあっても、なかなか転機がつかめないという人にぜひ知っていただきたいのが「レバテックフリーランス」です。レバテックフリーランスは、システムエンジニアやプログラマ、デザイナーなどのIT系フリーランス専門エージェント。相談したことが転機となり独立に成功した人もいるなど、多くのフリーランスが頼りにしている存在です。会社員として働いていると、自分がエンジニアとしてどのぐらいの市場価値があるのかを知る機会がないので、独立しても一体いくらぐらい稼げるのか、どの程度仕事があるのかが予測できないかもしれませんね。
そんな人はぜひレバテックフリーランスのテクニカルカウンセラーに相談してみてください。現時点での市場価値をはっきりと示してくれるはずです。「相談するからにはフリーランスになるしかないの?」という心配も無用。無理に独立を勧められることは一切なく、しつこい電話営業などももちろんありません。

レバテックフリーランスの魅力

レバテックフリーランスの魅力は案件の多さです!案件が多く集まればフリーランスも多く集まり、人材レベルが高くなれば報酬も高くなるという相乗効果で今や業界トップクラスです。報酬の支払いは月末締めで翌15日払いという速さが利用者にも大好評で、経済的にあまり余裕のない若手エンジニアなどにもおすすめですよ。レバテックフリーランスで扱っている案件のほとんどはエンド直請け案件ということもあり、手数料は最小限で報酬は最大限というフリーランスに優しいシステム。無料の勉強会やセミナーなどに参加すれば同じ分野で活躍中のフリーランスと知り合うこともできますよ。

相談から案件参画までの流れ

会員登録後は、まずテクニカルカウンセラーによるカウンセリングがあります。この時持参することになっているスキルシートは、クライアントとの交渉に使用されるものです。スキルシートの書き方がよくわからないという人は、カウンセリングの時に聞くこともできますよ。
カウンセリングでは、スキルについての話はもちろんですが、趣味のことや将来の夢などについて聞かれるかもしれません。直接案件に関係ないようなエピソードは、クライアントに人物面をわかりやすく伝えるのに役立つので、話せることはどんどん話しておきましょう。合いそうな案件があればその場で紹介してもらえることもありますよ。
気になる案件をピックアップしたら、今度はクライアントとの商談です。商談には企業担当が同行して会話をしっかりサポートしてくれますし、話が進みそうならそのまま条件交渉もしてくれます。

詳細はこちらをクリック
フリーランスだけどフリーランスとは思えない楽な交渉運びをレバテックフリーランスでぜひ体験してみてくださいね!