転職を考えるタイミングとは?

仕事を変えるタイミングは?

仕事を変えるタイミングは?

LINEで送る
Pocket

仕事が合わないと感じたら

「この仕事もう辞めたい・・」って思うことは誰でも1度や2度ならずともあることかもしれませんね。そう思うたびに仕事を辞めていてはキリがありませんが、辞めたいと思った時が自分にとっての転機かそうでないかを見分けることも大事です。
まず考えたいのが、仕事が合わないと思うようになった原因です。上司や同僚など、その職場にいる人との相性が悪いのでしょうか。または、仕事そのものとの相性はどうでしょうか。細かい事務作業よりもコミュニケーション力を生かせる営業職のほうが合っていると自分では思うのに、会社からは経理として働くことを命じられているなど、仕事そのものが合わないのでしょうか。明らかに多すぎる労働時間が負担となり、肉体的にも精神的にも追い込まれている状況でしょうか。仕事が合わないと感じる原因はその他にもいろいろなものがあるので、どの状況下にあるかによって仕事を辞めるべきタイミングなのかそうでないかの判断が分かれるところです。

「仕事が合わない」イコール「転機」ではない

注意したいのは「仕事が合わないからすぐ辞める」という判断です。これが当たり前になってしまうと、どんな仕事に就いても結局はいつも続かないという問題を抱えるようになるでしょう。仕事が合わなくても少し頑張ってみることで、それまでわからなかった仕事のやりがいを見つけられるかもしれませんし、逃げの気持ちを捨てて仕事に向かってみるだけでも職場で置かれている状況が違って見えるかもしれません。今は何もかもが順調に見える先輩や上司も、もしかすると同じような道を通っているのではないでしょうか。心身に明らかな悪影響が出てしまうケースは別としても、仕事が合わないと思った時が転機と考えてしまうのは少々危険です。
ただし、合わないと感じた時に今の自分の状況をできるだけ客観的に見ることは大切です。辞めたいという感情任せにするのではなく、あくまでも冷静に考えるのが正しい判断を下すためのポイントですね。

転職するタイミングとは

今の仕事が合わないと思うなら、仕事を辞める前に上司に部署異動を申し出てみましょう。上司に相談しづらいことは、人事部など他のしかるべき人に相談してみてはいかがでしょうか。同じ会社の中で自分に合う仕事がまだあるなら転職するのはもったいないですよね。それでもダメで本当に仕事が合わないと判断できる状況ならその時こそが転機です。いざ転職となると早く退職したい気持ちが強くなってしまうかもしれませんが、先に退職すると予想以上に離職期間が長引いてしまった場合にどんどん不利になってしまう恐れがあるため、仕事を続けながら転職活動することをおすすめします!