逃さない!「転職の転機」

転職の転機を逃さないためには?

転職の転機を逃さないためには?

LINEで送る
Pocket

仕事の転機はチャンス?それともリスク?

就職から定年退職までおよそ40年。働く人は生きているうちのほとんどの時間を仕事に費やすことになります。つまり、どんな仕事をするかがその人の人生を大きく左右するということです。結婚や出産、引っ越しなど、人生には様々な転機がありますが、その中でも大きな転機となるのが就職や転職ではないでしょうか。うまくいけばやりがいある仕事と十分な収入を手にすることができますし、失敗すれば容赦ない現実が待っています。転職のリスクについて考えはじめればキリがありませんが、万が一失敗してもやり直すチャンスはあります。安全第一で冒険しない人生もいいですが、一度しかない人生を最良のものとするためにチャレンジするのもいいのではないでしょうか。

転機を逃さないためにできること

転職の転機を逃さないためにはとにかく行動あるのみです。何事も情報収集は大切ですが、何もせず待っても情報は集まりません。そうでなくても情報過多の今の時代、欲しい情報は自ら積極的に探さないと見つからないかもしれません。転職情報に関しては、転職サポートを専門にしているエージェントに登録すると、効率的に情報収集ができるはずですよ。業界や職種の内情、市場の動向、年収や仕事内容など、なんとなく耳にしたことがある不確かな情報に流されるのではなく、出どころの確かな情報を集めましょう。

自分のことを知る

知っているようで意外と知らない自分のこと。よほどの転機でもないと真剣に考えないのではないでしょうか。転職は自分を知るいいチャンスなので、この際とことん自分自身と向き合ってみましょう。自分の良いところだけでなく嫌なところや悪いところから目をそらさず、正直にありのままの自分を洗い出してみてください。もしかすると、自分以外の人や置かれている環境についての不満ばかりで、直すべき自分の欠点が見えなくなっている可能性もあります。
そうすることで、自分が本当にやりたいことや自分に本当に向いていることが何かが見えてくるでしょう。また、現実とはかけ離れた将来をただ夢見るのではなく、夢を現実にするためにはどうすればいいかも考えることができるようになるはずですよ。

ポジティブ思考

難題が目の前に置かれた時、すぐ「無理」と思うでしょうか?それとも「やってみよう」と思うでしょうか?もし自分がすぐ無理だと思ってしまう傾向があるならば、まずは頑張ってその傾向を克服しましょう。できるかどうかを具体的に考える前に、印象だけで無理だと自らシャッターをおろしてしまうなら、本当はできたかもしれないことすらできなかったことになってしまいます。「やってみてダメならまた次の策を考えよう」というようなポジティブさが成功を引き寄せてくれることもあるのです。