転機をチャンスに変えて仕事を好転!

仕事の転機を掴むために取りたい行動とは?

仕事の転機を掴むために取りたい行動とは?

LINEで送る
Pocket

転機を感じるときはどんなとき?

転機に最適な行動を取る前に必要なのが、「これが転機だ!」と気づくことです。せっかくのチャンスをスルーしないためにも、一般的にどういうときを転機と呼ぶのか見ていきましょう。

・就職や転職、起業、結婚など環境に変化が生じる
・恋愛や家族、人間関係、病気など困難が生じる
・今までの行動や思考が通用しなくなる
・日常に倦怠感が生じる

上記に挙げたとおり、何かしら変化を感じたときが転機のサイン・前兆です。また、変化ではなく日々に飽き飽きしてモチベーションが下がりだしてしまったときも、どこがで変化を求めている前触れ。
これらに当てはまる場合は、次のステージへと行くべきタイミングであるといえるでしょう。以下に、転機が訪れたときのために覚えておくべきキーワード4つをまとめてみました。

2030(にいまるさんまる)

2030とは、「2020年までに、指導的地位に占める女性の割合を30%にする」という内閣府が定めた女性活躍推進政策を指します。 リーダー職を目指したいと考える女性はぜひ知っておきたいキーワードです。目標の到達が見込めそうな日本企業はいくつかあるものの、諸外国と比べるとまだまだ低いのが現状。
自身の働いている企業でキャリアアップが当分叶わないと感じる場合、これを転機と捉え思い切って転職を視野に入れるのも1つの方法でしょう。

同一労働同一賃金

同一労働同一賃金とは、業務内容が同じ場合は雇用形態問わず賃金や待遇の格差を無くそうという考え方を指します。
2020年4月1日から全国で一斉に施行される働き方改革の1つです。雇用形態による処遇の格差がフラットになることで、さまざまな働き方を選択できることに繋がるでしょう。

リモートワーク・テレワーク

リモートワーク・テレワークとは、自宅やレンタルオフィスなど、オフィス以外の場所で仕事できるという働き方を指します。
リモートワークとテレワークに明確な違いはなく、同義で使われることがほとんどです。自分のライフスタイルに合わせて、柔軟に働き方を選択することができます。

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、年齢や性別、国籍、障がいの有無、価値観、職歴などの違いを受け入れ、広く積極的に人材を採用しようという考え方を指します。 ダイバーシティを通じ、企業側が目指しているのは有能な人材の発掘です。多様性を認める企業風土であれば、転職の際有利に働く可能性もあります。
転機が訪れたときに自分らしく活躍できる働き方を選択することが、その後の人生・仕事を好転させるためには重要です。